FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


真っ赤な星

12月4日 要町から新宿に移動しての映画~♪

土曜日、映画日と舞台挨拶が重なり、満席で諦めたリベンジです(笑)

真っ赤な星!!!

154263102252954582180[1]

ほしいものはいつも、この手のひらには、おさまらなった。

154263103439364543180[1]

第70回カンヌ映画祭のシネフォンダシオン部門に正式出品された『溶ける』で、注目を集めた22歳の俊英、井樫彩の初長編作品。14歳の少女と、27歳の女性の交わることのない愛の日々を、繊細なタッチで映し出す。新星・小松未来と『娼年』の桜井ユキをはじめ、毎熊克哉ら、注目の若手俳優が顔をそろえ、心の機微を伝えるドラマを織りなす。

173313_3[1]

怪我で入院した14歳の陽は、優しくしてくれた看護師、弥生に特別な感情を抱くようになる。だが退院の日、弥生は突然、病院を去った。1年後、陽は男たちに身を売ることで生計を立てている弥生と再会。互いに孤独を抱えている彼女たちは、共に暮らし始める。

173313_4[1]

14歳の少女と27歳の女性が織りなす、交わることのない愛の日々ー。

173313_5[1]

A CRIMSON STAR!

173313_2[1]

予想以上に複雑でマニアックな映画~♪

ヒューマンドラマだが、サスペンスにも近い! (^_^)v

前半から伏線が効いていて、中盤で回収したら、マジか?と思う展開に! ( ゚Д゚)

後半は、葛藤と切なさと心苦しさ、着地点が悲しい! (^_^)/

マニア共感! やっぱ女性向きかな? 超超超オススメ!!!!! (≧∇≦)







ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARY'S ROOM

12月3日 柏の葉キャンパスで、そのまま映画~♪

タイミングが合ったので観ました(笑)

ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARY'S ROOM!!!

173885_1[2]

とある洋館に集められた男女たち、招待状の指令に則って繰り広げられるゲームに勝ち残り、過去に戻れるのは誰だ?

173885_3[1]

好評を博した舞台劇『ONLY SILVER FISH』を手がけた演出家、西田大輔の監督デビュー作。同舞台と同じ“魚“にまつわる設定を採用しながらも、登場人物も内容もまったく異なるアナザーストーリーが進行。目の離せないスピーディな展開、次々と明らかになっていく真実、そして衝撃の結末など、ミステリーの醍醐味が詰まった1作だ。

ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARYS ROOM0002

とある洋館に集められた男女。彼らの目的は“オンリーシルバーフィッシュ“という一匹の魚。その魚の本当の名を呼ぶことで、過去を振り返ることができると言われているが、魚の名を知ることができるのはひとりだけ。そしてついに、勝者を決めるゲームが始まる。

ONLY SILVER FISH WATER TANK OF MARYS ROOM0003

ようこそ、振り返りたい過去のある皆様へ。

173885_2[1]


好評の舞台のアナザーストーリーらしいが、難しいそうだから概要を頭に入れて観たが正解! (^_^)v

冒頭からいきなりの本編で、知らなければ着いていけたかな(謎)

出演者が多く、キャストが覚えられなかったが、不思議と中盤から分かり、後半はある演出により、はっきりとキャストを覚えちゃう~♪

ラストは、意外からのビックリで、この難しい設定を更に複雑化さりてくれる! (^_^)/

ミステリーファン必見! 難しい内容で、2回目観ると印象変わるかも? 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)











ヘレディタリー/継承

12月2日 からで映画~♪

前評判が良すぎるホラーです(笑)

ヘレディタリー/継承!!!

154134571363658266177[1]

完璧な悪夢!

154134572400423724177[1]

家長である祖母の死をきっかけに、ごく平凡な家族に隠されたおぞましい秘密が明らかになっていくホラー映画。新人監督アリ・スターが緻密に伏線を張り巡らせた自身のオリジナル脚本を映像化し、観る者にトラウマ級の不条理な恐怖を突きつける。一家の母親に扮した『リトル・ミス・サンシャイン』の名女優トニ・コレットの鬼気迫る怪演も圧巻だ。

307193_1528283200.1138[1]

グラハム家の祖母エレンが、娘アニーに「私を憎まないで」というメモを残して他界した。それ以来、残されたアニーと高校生の息子ピーター、13歳の娘チャーリーの周囲で奇妙な出来事が続発。やがて恐ろしい惨劇に見舞われたグラハム家の日常は崩壊していく。

hereditary-malaysian-movie-poster[1]

緻密に張り巡らされた恐怖の罠。“フィナーレ”まで瞬きさえ許されない。

poster_zoom[1]

この家族の物語は、永遠のトラウマになる――

hereditary_ver6[1]

何だろう、予告の雰囲気と違うストーリー(笑)

もっと複雑だと思っていたが、意外に単純で、怖いと言うより悲しい! (^o^;)

中盤から伏線が効いてきて恐怖感が増し、終盤は結構驚きの流れ~♪

ラストはまさかのオチで、これもハッピーエンドかな? (^_^)/

ちょっとハードル上がり過ぎ! 心理的ホラー好き必見! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)






えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~

12月1日 池袋から有楽町に移動しての映画~♪

スバル座でやる映画は、何故か気になります(笑)

えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~

45011743_2029256393861070_8105214263829725184_n[1]

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出すー

えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~0001

お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演を務めたヒューマンドラマ。2度の事故で運行停止となった福井県の京福電鉄が、2003年に“えちぜん鉄道“として復活した実話を基に、さまざまな悩みを抱えたひとりの女性が家族と共に人生の再出発を図る模様を描く。主人公の血のつながらない兄に緒形直人が扮し、笹野高史らのベテランが脇を固める。

img_13_m[1]

お笑い芸人をめざして上京したものの、まったく売れずコンビ解散寸前となったいづみが、友人の結婚式に出席するため故郷の福井県に帰郷。その場で、偶然出会ったえちぜん鉄道の社長からアテンダントにスカウトされたいづみは、新たな人生を踏み出す決意をする。

img_12_m[1]

この街が、笑顔の始発駅。

20181106231532bfe[1]

横澤夏子初主演映画で、まんまお笑いタレント役! (^_^)v

結構熱演で、結婚式の挨拶でスベるとこは上手かった(笑)

脇の緒方直人や笹野高史が、上手く絡んでいい味出している~♪

ラストは、何かバタバタと終わり、横澤夏子の変な動きに笑った! (^_^)/

テツ必見! 福井県に行った気になれる! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)






ムトゥ 踊るマハラジャ〈4K&5.1chデジタルリマスター版〉

11月30日 九段下から新宿に移動しての映画~♪

20年前に、インド映画の火付け役になった作品のリメイク版です(笑)

ムトゥ 踊るマハラジャ〈4K&5.1chデジタルリマスター版〉!!!

20181111_910c49[1]

女神の歌声、王様のダンス。再び!

180905000012-1[1]

1998年に渋谷のミニシアターでロングランヒットを記録し、空前のインド映画ブームを巻き起こした記念碑的な作品を、4K&5.1chのデジタルリマスター版で上映。スーパースター、ラジニカーントが、手ぬぐいをヌンチャクのように操る主人公のムトゥを熱演。豪快にして華麗なアクション、ミュージカル、ロマンスがスクリーンによみがえる。

20181111_063c9c[1]

大地主ラージャーに執事兼用心棒として仕えるムトゥは、おおらかな性格と腕っぷしの強さで絶大の信頼を得ていた。そんなある日、彼は旅回りの女優ランガをめぐり、ラージャーと三角関係に陥ってしまう。さらにラージャーの伯父が屋敷乗っ取りをもくろんで……

ムトゥ 踊るマハラジャ0001

ウルトラ・ハッピー大娯楽映画(マサラ・ムービー)。

44682ea5ba42d33fa3dd5686b1237292[1]

20年前の作品だけに、映像が一昔前だね(笑)

当時話題になった、ムトゥのタオルヌンチャクの効果音を聞くと、仮面ライダーを思い出すね!(b^ー°)

途中に、急に過去の話なるが、突然過ぎて最初分からなかった! ( ゚Д゚)

ラストは、インドらしいオチで、ストレートにいいね! (^_^)/

懐かしい人必見! 歌って踊る映画! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)













 | ホーム |  次のページ»»