プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


エイリアン:コヴェナント

9月15日 荻窪から新宿に移動しての映画~♪

プロメテウスの続編になるんだね!(b^ー°)

エイリアン:コヴェナント!!!

171293_1[2]

絶望の、産声。

171293_2[1]

巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』シリーズの原点となるSFホラー。移住のため宇宙船コヴェナント号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を描写する。アンドロイドを『スティーブ・ジョブズ』などのマイケル・ファスベンダーが演じ、ヒロインを『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などのキャサリン・ウォーターストンが熱演。スコット監督が構築した世界観と衝撃の展開に絶句する。

エイリアン:コヴェナント0001

宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。

18580457_1445481075490263_4657157580219482112_n[1]

宇宙船コヴェナント号が発見した未知の惑星。

171293_4[2]

その宇宙の楽園に隠された恐るべき秘密とは……。

171293_3[1]

ストーリー的には、エイリアン0かな? (*´▽`*)

冒頭は、エイリアンと思えないスペースSFだが、徐々にホラーと移り変わる~♪

エイリアンだと、お決まりのストーリー展開かな~と思ったが、今回は一捻りあるね! (^_^)v

ラストは、あ~という感じだが、その後の続編も描いて欲しい! (^_^)/

シリーズファン必見! 少し新しいエイリアン! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)






スポンサーサイト

ナインイレヴン 運命を分けた日

9月14日 銀座で、そのまま映画~♪

予告で、観ようと思っていて忘れてました(笑)

ナインイレヴン 運命を分けた日!!!

173412_1[1]

アメリカが、そして世界が分断された日、現代テロ戦争の原点。

173412_2[1]

世界に衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ事件を、ビルの内部にいた人々の視点から見つめた社会派ドラマ。2001年9月11日、ワールドトレードセンタービルに偶然居合わせた男女5人がたどる過酷な運命を描く。主演を務めるのはニューヨーク出身のチャーリー・シーン。彼を筆頭にニューヨークを心から愛するスタッフとキャストが集結している。

ナインイレヴン 運命を分けた日0002

2001年9月11日のニューヨーク。実業家のジェフリーら5人は、ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然乗り合わせる。すると突如、飛行機がビルに激突。北棟の38階あたりに閉じ込められた彼らは、恐怖と闘いながら生き延びる方法を模索する。

ナインイレヴン 運命を分けた日0003

いつもと同じ朝、いくつもの約束があった――。

nine_eleven_xlg[1]

あの事件から、もう16年がたったのか~ (-_-;)

9.11の色んな映画ができたけど、こちらはエレベーターに取り残された人の話! |д゚)

忘れようがない事件の、知られてない部分だけに、緊迫したストーリー~♪

ラストは、悲しくもあり、切なく、そして煮え切らない! (;゚Д゚)

学生は、是非観て欲しい! 忘れないために! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)





三度目の殺人

9月13日 ラーメンからの映画~♪

豪華なキャストだね!(b^ー°)

三度目の殺人!!!

172308_1[1]

犯人は捕まった。

172308_3[3]

真実は逃げ続けた。

172308_2[1]

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事への取材に加え、作品の設定通りに実施した模擬裁判で出てきたリアルな反応や言動などを脚本に反映。福山ふんする主人公が弁護を担当する殺人犯を、役所広司が演じる。

150246520644656559177[1]

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

150246521459114250177[1]

弁護士、殺人犯、被害者の娘。

150246496656141576177[1]

ある殺人が、彼らをつないだ。

172308_5[1]

その獣は、にんげんの目をしてました。

172308_4[1]

豪華な布陣で、内容も興味津々! (^o^)v 

脇役も豪華で、全てが演技合戦~♪

興味は、犯人は誰か? 真実は何か? なんだけどな~ (^_^;)

ラストが、難しい? 考える? 流す? 独特の終わり方だね!(b^ー°)

色んな人に観て欲しい! そして意見が聞きたい! 超超オススメ!!!! (≧∇≦)




あしたは最高のはじまり

9月12日 ラーメン食べての映画~♪

この子役は凄いね!(b^ー°)

あしたは最高のはじまり!!!

172753_1[1]

きっと、ふたりなら明日を変えられる。

172753_2[1]

『最強のふたり』などのオマール・シーを主演に迎え、突然父親になった男性の奮闘ぶりを描く感動作。遊び人の主人公がいきなり赤ん坊を押し付けられ、偶然知り合ったゲイの男性と子育てをする様子を映す。ワケありの母親を『ハートレス』などのクレマンス・ポエジーが好演。次第にベストパートナーとなっていく主人公と少女の姿が胸を打つ。

あしたは最高のはじまり0001

プレイボーイのサミュエル(オマール・シー)は、南フランスのコートダジュールで、毎日を楽しんでいた。ある日、彼の前にかつて関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が突然姿を現し、生後数か月の赤ん坊グロリアはサミュエルの実の娘だと爆弾発言。クリスティンは、娘を置いて行方をくらましてしまい……。

86096[1]

突然父になったプレイボーイと、男手“ふたつ”で育てられた少女。

15781530_1912972728924832_3033357992472814432_n[2]

常識破りな2人の絆に、世界が笑いと涙につつまれた――

famigliaallimprovviso_manifesto_web[1]

現実にありそうな設定で、パターン通りの展開だが、王道の面白さ! (^_-)-☆

理不尽な母親に、映画ながらツッコミそうになった(笑)

子役のグロリアが、大御所俳優相手に引けを取らず、ミュージシャンもやってるのね! テンサイコヤクダネ! (*´▽`*)

ラストは、少しタンパクかな、もう少し盛り上げれば泣けたな! (;´∀`)

親娘鑑賞かな! 夫婦も観て欲しい! 超超超超オススメ!!!! (≧∇≦)





西遊記2~妖怪の逆襲~

9月11日 お茶の水から六本木に移動しての映画~♪

金曜日、行けなかったリベンジです(笑)

西遊記2~妖怪の逆襲~

173600_1[2]

ありえね~面白さで、またまた中国で、おったまげ~の大ヒット!

T0022202q1[1]

『少林サッカー』『カンフー・ハッスル』などのチャウ・シンチ―監督が2013年に発表し大ヒットした『西遊記~はじまりのはじまり~』の続編。今回は『セブンソード』のツイ・ハークが監督を務め、三蔵法師率いる一行と人喰い妖怪の戦いを描く。『トリプルX:再起動』のクリス・ウー、『グレートウォール』のケニー・リンら人気俳優が出演。

l_p0068229038[1]

妖怪ハンターの三蔵法師は孫悟空、猪八戒、沙悟浄を率いて天竺への旅を続けていた。その道程の山中で彼らは一軒の豪邸を発見する。水をもらおうと一行が立ち寄ると、美人の女主人と女中たちからもてなしを受ける。しかし彼女たちの正体は人喰い蜘蛛女で……

西遊記2

天竺を目指す三蔵法師と仲間たちが贈る

FOREIGN201612081405000200521037516[1]

ファンタジー・エンタテイメント超大作待望の続編!

image[1]

前作は、三蔵法師御一行が、出会うまでのストーリーだったが、今回から本線といったとこかな~♪

少し癖のある面々の面白ストーリーだが、アクションも見応えある! (^_^)v

女性陣も華やかだが、前作に亡くなったスー・チーの出番少ないのが残念! ( ノД`)シクシク…

ラストまで面白く、エンドロール後は大爆笑! ヽ(´▽`)/

前作観た人必見! 中国映画好きに! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)








 | ホーム |  次のページ»»