プロフィール

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

3月22日 ラーメンからの映画~♪

総集編から3ヵ月、オリジナル新作ストーリーです!(b^ー°)

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME!!!

171244_1[2]

今、迎える運命のLAST TIP-OFF!!

171244_3[1]

人気コミックの続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」を基に、原作者・藤巻忠俊による新エピソードを追加して描かれたアニメ。誠凛高校バスケットボール部の黒子テツヤら強豪校の選手で結成されたドリームチーム「VORPAL SWORDS」が、アメリカのストリートバスケチームとの再試合に挑むさまが活写される。ボイスキャストにはテレビアニメ版の小野賢章や小野友樹のほか、アメリカチームの選手を緑川光と稲田徹が担当。監督を、シリーズを支えてきた多田俊介が務める。

171244_2[1]

誠凛高校バスケットボール部に入部した黒子テツヤと火神大我は、“影”と“光”の名コンビとして全国制覇を達成。そして高校2年の夏、来日したアメリカのストリートバスケットボールチームとの親善試合で日本チームは完敗してしまう。その様子を見ていた誠凛高校の相田リコ監督の父・景虎は、黒子や火神たちを集め、全国制覇を目指すライバルであった“キセキの世代”と共に「VORPAL SWORDS」を結成し、リベンジマッチに臨む。

84cd11c5-fe86-4a51-9bc7-3a7ce119565c[1]

“キセキ”のドリームチーム VS 最凶のアメリカチーム!

171244_4[1]

WBCがアメリカに敗れた日に、アメリカとの対戦映画! ( ; ゜Д゜)

黒子のバスケファンなら一度は夢に見たキセキの世代のチーム! (^_^)v

最強の敵なら、当然盛り上がるよね~♪

名前は色にちなんだネーミングが多いけど、アメリカはゴールドとシルバーなんだ(笑)

キセキの世代6人と火神大我、全員主役だね!(b^ー°)

これが最後の黒子のバスケ! みんな見逃すな! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)





スポンサーサイト

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

3月21日 ラーメンからの映画~♪

何か、気になってました! (^_-)-☆

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

170271_1[2]

夢をみるのには、理由がある。

170271_2[1]

『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズなどの神山健治監督が手掛けたアニメーション。岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のたもとののどかな町で暮らす親子の絆を、夢と現実を結び付けつつ描写する。NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの高畑充希が、主人公の森川ココネの声を担当。そのほか、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった面々がキャスト陣に名を連ねる。

ひるね姫0001

高校生の森川ココネは家でも学校でも常に眠気に襲われ、ついウトウトと居眠りばかりしていた。2020年、東京オリンピックが間近に迫った夏の日、彼女の家族は事件に見舞われる。実は両親にはココネも知らない秘密があり、その謎を解く鍵は彼女の夢の中にあった。

170271_4[1]

なんでこんなに一日中眠てえんじゃろ?

170271_3[1]

始まった瞬間、違う映画だと思った(笑)

夢の話からスタートで、2つのストーリーが同時進行している! (^o^)

少し、ジブリチックな構成で、近未来感もあるね~♪

岡山の倉敷が舞台で、途中高松空港や、坂出、丸亀の道路標示が出てくるが、地元しか距離感わからないよね! (^_^;)

子供から大人まで楽しめる! 岡山、香川の人見逃すな!超超超オススメ!!!! (≧∇≦)




3月のライオン 前編

3月20日 ラーメンの後の映画~♪

予告で、キャストを見ていなかったので、あまり興味がなかった(笑)

3月のライオン 前編!!!

170016_1[1]

闘う、愛したい、生きる。

170016_2[1]

羽海野チカの人気コミックを、2部作で実写化したドラマの前編。家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む。メガホンを取るのは、『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。『るろうに剣心』シリーズにも出演した神木隆之介、『映画 ビリギャル』などの有村架純、『ヒミズ』などの染谷将太、テレビドラマ「カインとアベル」などの倉科カナらが出演。緊張感に満ちた対局シーンに目を奪われる。

chart_img[1]

幼少期に交通事故で両親と妹を亡くした17歳のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)。父の友人である棋士・幸田柾近(豊川悦司)に引き取られるが、そこから離れざるを得なくなってしまう。以来、東京の下町で一人暮らしをする彼だったが、川向こうに暮らす川本家の3姉妹のもとで一緒に食事をするように。彼女たちとの触れ合いを支えにする桐山だったが……。

170016_5[2]

その少年は、幼い頃にすべてを失った。家族も、居場所も、夢も――。

170016_3[1]

彼の、人生を取り戻す闘いが、いま始まる。

170016_4[1]

始まって、キャストを知った瞬間に冷や汗が出た! (;´・ω・)

この大好きなキャストのラインナップに、興味なかったなんて、私はアホです! (; ・`д・´)

凄いな、この俳優陣、ストーリーはガチンコの将棋だが、俳優はガチンコの演技バトルだ~♪

油断すると、脇役が光っちゃう(笑)

二階堂役の染谷将太は、知った後も本人に見えない! (;゚Д゚)

後半が早く観たい! 全ての人に観て欲しい! 超超超超超オススメ!!!! (≧∇≦)





...and LOVE

3月19日 戸越銀座から池袋に移動して映画~♪

公開が少なく、ピンポイント狙いです(笑)

...and LOVE!!!

170674_1[1]

今日は・・・・・ ただ黙って 私を抱いて・・・・・

170674_2[1]

人気グラビアアイドル、杉原杏璃の自伝的小説を映画化したヒューマン・ドラマ。人々の注目を集めるものの大切な何かを失っていることに気づき、迷い傷付きながらも前を向いて進むグラビアアイドルの心の旅路を描く。杉原自身が主演を務め、女優としての資質を発揮。原作発刊時に話題となった、主人公の赤裸々な性関係の描写にも体当たりで挑む。

...and LOVE0017

“碧い海のようなアイドルになりたい“という思いを胸にグラビア界に飛び込んだアン。やがて世の男性から注目を集めようになるが、売れるために自分を偽っていることに気づく。アンは自分を取り戻すため活動期限を1年と定め、懸命に走り抜くことを決意する。

...and LOVE0019

真実か?創作か?グラドル界の裏側を赤裸々に描いた杉原杏璃の自伝的小説、衝撃の映画化!

...and LOVE0018

前情報が衝撃で、思わず観に行ったが、そんなにハードじゃなかった(笑)

実話チックだが、グラドル界の裏側が過激じゃないね!(b^ー°)

杉原杏璃本人が主演だが、美しく描いている! (^_^;) ダイコンニエンギガサイコウ!

過去と同時進行で、時系列がややこしいが、ラストは上手く纏めたね~♪

杉原杏璃ファンは行かないと… グラドルに興味がある人も! 超超オススメ!!! (≧∇≦)





SING/シング

3月18日 ラーメンからの映画~♪

何度、予告を観ただろう(笑)

SING/シング!!!

T0020814p[1]

それは、人生を変えるステージ。

169852_4[1]

全ての人の中にある輝ける部分を見いだすことをテーマに、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ。劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで、個性的な動物たちが思い思いの歌を披露する様子を映す。声の担当は、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーンら俳優陣をはじめ、『テッド』シリーズでテッドの声も担当するセス・マクファーレン監督ら。なじみの深いヒット曲の数々に盛り上がる。

148803436039209947180[1]

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

IMG_2806[10]

街中のみんなにスターになるチャンスがある!

20170319_173005.jpg
20170319_173034.jpg

どん底に落ちたら、あとはあがるだけ!

SING-Movie-Poster[1]

最初に、字幕か吹き替えか悩んだが、今回も吹き替えで……

曲が絡むと、字幕がいいはずだが、予想以上に吹き替えも良かった! (^_^)v

名曲に気を取られがちだが、ストーリーも感動の展開~♪

ラストの盛り上がりは、多分字幕の方がいい! (^_^;)

やっぱり、大勢で鑑賞! 家族で行こう! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)





 | ホーム |  次のページ»»