FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ


潮 くろ喜 @秋葉原

2月16日 新宿から秋葉原~♪

毎週恒例です(笑)

潮 くろ喜にて、季節の野菜と貝のつけそば!

20180216_172451.jpg

愛知県三河湾産 玉珧!

20180216_174937.jpg

超ジャンボな二枚貝の玉珧を使用したつけそばで、何と1杯に1個入っている! (; ゜ ロ゜)

つけ汁は玉珧と昆布で、中には玉珧刺身がタップリ鎮座している! o(^o^)o

玉珧は、歯応えの良い帆立の貝柱みたいで、コリコリとした食感がいいね~♪

トッピングは、金時人参、紫人参、春菊、オレンジブロッコリー、紅心大根、そして玉珧の炙り醤油に貝柱、紐と超贅沢ラインナップ! (^_^)/

そして、いつもの貝飯!

20180216_174745.jpg

当然ドッキュン!

20180216_175850.jpg

玉珧貝茶漬け!

野菜と一緒だと、旨さも倍増だね!(b^ー°)

かなり、好きなパターン~♪

抜群の味わい! 美味かった! \(^_^)/

来週の季節の野菜と貝のつけそばも楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





拳ラーメン @新宿

2月16日 元住吉から新宿~♪

たまプラーザ以来の出店です! (^_^ゞ

小田急新宿店にて、京の老舗めぐり!

小田急新宿店 京の老舗めぐり2018

イートインの拳ラーメン!

20180216_160049.jpg

淡麗のどぐろ煮干しそば「淡」!

20180216_160650.jpg

スープはのどぐろ煮干しベースに、鯛、鶏、鹿を合わせた淡口醤油味で、マイルドな味わいで臭みなし! o(^o^)o

この淡麗スープに、背脂が入りコッテリとしたインパクトがナイス! (^o^)v

麺は当然、麺屋棣鄂のストレート麺で、優しい小麦の香りが最高! (^_^)/

トッピングはレアチャーシュー、味玉、メンマ等の標準で、シンプルが一番~♪

京都ののどぐろ! 美味かった! \(^_^)/

来週の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)




ナルトもメンマもないけれど。@元住吉

2月16日 今日は、元住吉~♪

久しぶりに仕事が早かったので、少しだけ遠出(笑)

2013年の10月から始まった、The Ramen Magazine ラーマガ

ニコニコチャンネルの「ブロマガ」です!

ラーマガ限定は「かけラーメン」

e2d3f20953d9c0a7f51779786cded8a696ad0a51[1]

『ラーマガ』では毎月1軒のラーメン店とコラボレーションして、ラーマガ限定ラーメン「NAKED」を毎月月替わりで発表!

52軒目 ナルトもメンマもないけれど。!

2月のラーマガ限定NAKED #052!

1446a8a546255225523f55890e00317d16ac7842[1]

玉ねぎマー油のかけオニ白湯!

20180216_145502.jpg

トッピングなしのラーメン企画!

スープは、鶏白湯にオニオンブレンドで、鶏の旨味に玉ねぎの甘味が加わり、口当たり良い味わい! o(^o^)o

油は玉ねぎを使用したマー油で、ニンニクより癖なく爽やかだがインパクトある! (^o^)v

麺は、麺屋棣鄂のウィング麺使用で、ウマウマスープがメッチャ絡む! (^_^)/

薬味は、紫玉ねぎのピクルススライスで、軽い酸味がアクセント~♪

スッキリしコクある白湯! 美味かった! \(^_^)/

デフォも美味しそうでした! また伺いま~す! (≧∇≦)




今夜、ロマンス劇場で

2月15日 ラーメンからの映画~♪

苦手な恋愛物だが、期待大です(笑)

今夜、ロマンス劇場で!!!

173131_1[2]

運命なんて飛び越えて、私はあなたに逢いにいく。

151220875724768441177[1]

『のだめカンタービレ』シリーズのヒットメーカー、武内英樹監督が放つ、オリジナル脚本を基にしたラブファンタジー。映画好きの純朴な青年とスクリーンの中のキャラクターの次元を超えたロマンスを描く。『海街diary』の綾瀬はるかがモノクロ映画から抜け出てきたヒロインに扮し、『君と100回目の恋』の坂口健太郎が相手役を務める。

e0584969[1]

映画監督志望の健司(坂口健太郎)は、映画館「ロマンス劇場」に通い詰めていた。彼はそこで一人の女性と出会うが、彼女こそ健司がずっと恋い焦がれてきたスクリーンの中のお姫さま・美雪(綾瀬はるか)だった。美雪はモノクロの世界から抜け出して、色にあふれた現実の世界を満喫するが……。

151195383649589806178[1]

好きです。

今夜、ロマンス劇場で0002

たとえ触れることができなくても――

151195382459063902178[1]

映画好きの為の映画~♪

映画の中で、映画から飛び出し、映画を撮影し、映画を作り上げる(笑)

ややこしい展開だが、意外に入り込めやすく、主演二人の演技も素晴らしい! (^_^)/

ラストは、恋愛物で泣けない私が号泣、感動が押し寄せる! (*´▽`*)

坂口健太郎と綾瀬はるかファン必見! 映画好きにも堪らな~い! 超超超超オススメ!!!! (≧∇≦)






 | ホーム |