FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


麺屋 翔 西新宿本店 @新宿

9月21日 金町から新宿~♪

雨に打たれての仕事だったから、疲れたけど1軒ぐらいは行きます(笑)

10月2日にオープンの3号店 麺屋翔 みなとで提供の鯛らーめんとサイドメニューを先行限定販売! (^o^)

o0698069814266172980[1]

麺屋 翔 西新宿本店にて、21日限定!

20180921_190718.jpg

宇和島真鯛の塩らーめん!

20180921_191649.jpg

スープは、宇和島産の真鯛ベースで、鶏を支えにしたバランス型芳醇スープ! o(^o^)o

鶏の旨味が適度に加えられ、一般受けの良い臭みのないスープ! (^_^)v

トッピングは、チャーシュー、鶏団子、岩海苔等で、派手さはないが丁寧~♪

そして、サイドメニュー!

20180921_190739.jpg

帯広豚丼!

20180921_191927.jpg

鰻丼タイプの甘辛焼き仕様で、シンプルに豚が旨い! (^_^)/

ご飯との相性は間違いなく抜群~♪

胡椒をかけるとしまるね!(b^ー°)

当然ドッキュン!

20180921_192954.jpg

帯広豚の鯛茶漬け!

濃いめのご飯に、サッパリスープだからいい塩梅! (^з^)-☆

翔らしい仕上がり! 美味かった! \(^_^)/

オープン楽しみにしています! m(_ _)m

本店の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





中華そば ともゑ @金町

9月21日 今日は、金町~♪

仕事で来て、いつもの店に行ったが、諸事情で食べれず、超久しぶりの店に訪問(笑)

中華そば ともゑにて、塩中華そば!

20180921_125750.jpg

約5年振りの訪問で、看板メニューの塩中華そばを再び注文(笑)

スープは、鶏ベースに煮干、昆布のオーソドックスなタイプだが、丁寧に仕上がりで、前は独特な香味油の強かったが、スッキリとした油に変わりキレがいい! (^_^)v

麺は中細の硬めだが、スープとの相性はイマイチかな(笑)

トッピングは、チャーシュー、豆苗、トサカノリ、メンマ、ネギと変わらないが、1つ1つがパワーアップしている! (^_^)/

ビジュアルから綺麗になったね! 美味かった! \(^_^)/

限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





きらきら眼鏡

9月22日 から有楽町に移動しての映画~♪

この題材は悲しいね! (;´Д`)

きらきら眼鏡!!!

152942450639976746177[1]

自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。

152942451502389663177[1]

森沢明夫による同名小説を、犬童一利監督が映画化したヒューマンドラマ。恋人の死を乗り越えられない主人公と、余命宣告された恋人を持つヒロインたちの交流を軸に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く。期待の大型新人・金井浩人と池脇千鶴がダブル主演を務め、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら豪華な面々が脇を固める。

きらきら眼鏡0003

恋人の死を乗り越えられずにいた青年・明海。彼は1冊の古本をきっかけに出会ったあかねから、「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」と教えられる。しかし、いつも前向きで笑顔を絶やさない彼女もまた、つらい現実を抱えていた。

きらきら眼鏡0001

一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女―。

152942449218877329177[1]

何だろう、この考えさせられるテーマは…… (;^ω^)

笑顔の裏の切なさが、観ていて悲しい! (-_-)

池脇千鶴は流石の演技で、新人の金井浩人は頑張ったね~♪

ラストは、一言では言えない気持ちが立ち込める! (^_^)/

愛する人がいる人必見! 小説ファンはどうだろう? 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)






ブレス しあわせの呼吸

9月20日 神保町から有楽町へ移動しての映画~♪

実は、あまり期待していなかった(笑)

ブレス しあわせの呼吸!!!

153338121803228682179[1]

人生は冒険だ!

153338122895705714179[1]

『ブリジット・ジョーンズの日記』などの製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが、俳優のアンディ・サーキスを監督に迎え、自らの両親の実話を映画化。1950年代、難病により全身麻痺となった男が、妻や友人らの後押しを得て困難を克服し、人生を謳歌していく姿を描く。『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドが主人公を熱演。

153545753963886071178[1]

1950年代、周囲の人々からの祝福を受けながら結婚したロビン(アンドリュー・ガーフィールド)とダイアナ(クレア・フォイ)だったが、ロビンがアフリカでポリオに感染して首から下がマヒし、人工呼吸器なしでは生きられない体になってしまう。イギリスに帰国し息子が生まれたロビンは、病院から出ることを希望する。医師からは反対されるが、ダイアナは自宅での看病を決意する。

Breathe-movie-poster[1]

28歳で余命数ヶ月と宣言されて36年。

Breathe-New-International-poster[1]

最初に言おう、この映画は泣ける!!! (ノД`)・゜・。

主演のアンドリュー・ガーフィールドの笑顔とクレア・フォイの美貌が、この映画に引きずり込まれる! (^o^)v

この家族は、普通の家族より幸せに感じるくらい、幸せそうな笑顔~♪

後半で一盛り上がりで泣けて、ラストは号泣! \(^_^)/

全ての人に観て欲しい! カップル更に可! 超超超超オススメ!!!!! (≧∇≦)







 | ホーム |