FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


鯛塩そば 灯花 @曙橋

10月26日 新宿から曙橋~♪

新宿で売り切れの代替で、残していて良かった! (^з^)-☆

鯛塩そば 灯花にて、秋の限定麺・第二弾!

20181026_220524.jpg

濃密・雲丹らぁ麺 生雲丹・鶏白湯仕立て!

20181026_221512.jpg

スープは鶏白湯ベースに生雲丹ブレンドで、白湯の濃厚でマイルドな味わいを残しつつ、雲丹の味わいガツン! o(^o^)o

変に濃過ぎず、適度な粘度がいいね~♪

モッチリとした麺も相性良く、雲丹の味を引き立てる! (^_^)v

トッピングの岩海苔がいい仕事すていて、雲丹のアクセントにはピッタリ! (^_^)/

そして、いつものスタンプカードサービスの鯛めし!

20181026_221527.jpg

当然ドッキュン!

20181026_223034.jpg

雲丹の鯛茶漬け!

どちらからと言えば、リゾットに近いかな(笑)

お店オススメだけあって、相性もいいね~♪

雲丹好きには堪らな~い! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





億男

10月26日 早稲田から新宿に移動しての映画~♪

この手の映画は、何故かドキドキする(笑)

億男!!!

153381781886003742179[1]

お金とは何か? 幸せはどこか?

153381783380303075179[1]

川村元気による同名小説を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が手がけた新感覚マネーエンタテインメント。借金返済に明け暮れる不運な男が、億万長者たちとの出会いを通して本当の幸せを見つけ出していく姿を描く。連続テレビ小説『半分、青い。』での好演も話題の佐藤健が主演を務め、高橋一生、藤原竜也、北村一輝ら豪華俳優陣が集結。

DlzbNPlUwAEiw2s[1]

失踪した兄が残した借金の返済に追われ、妻子に見捨てられた図書館司書の一男(佐藤健)は、ある日突然宝くじで3億円が当たる。狂喜するも高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を読み不安になった彼は、億万長者になった大学時代の親友の九十九(高橋一生)に相談する。久々の再会に浮かれ酔いつぶれた一男が目覚めると、3億円と共に九十九の姿も消えていた。

億男0002

愛、友情、3億円。全てを失った男の、お金と幸せの答えを探す“地獄めぐり”が始まるー。

億男0001

オムニバスではないが、相手でストーリーが出来ていて、部分的にも面白い~♪

豪華な出演者で、サブキャストながら各パートで主役級の扱い(笑)

スタート時からいきなり本題にはいり、回想でストーリー展開が分かるパターン! (^_^)v

ラストは、ちょっと意外で、このオチは考えなかった! (^_^)/

宝くじ買った人必見! 誰かファンもいるよね! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)









ラーメン 巌哲 @早稲田

10月26日 今日は、早稲田~♪

正直、この魚は知らなかった(笑)

ラーメン 巌哲にて、26、27日の創作塩つけ麺!

20181026_175600.jpg

高知県窪津産 沖鯵!

20181026_181706.jpg

つけ汁は、沖鯵のアラを焼いたからの出汁で、淡麗ながら旨味が強いスープ! (^_^)v

中には、蕪の煮物、蕪の葉のお浸し、沖鯵の煮付けと、ミラクルな組み合わせ! o(^o^)o

麺の上には沖鯵の刺身で、山葵醤油と生姜生姜で楽しめる! (^_^)/

刺身の1枚は、つけ汁でしゃぶしゃぶにして、超幸せ~♪

そして、創作塩つけ麺用追加メニュー!

20181026_175610.jpg

スープ割からのお茶漬けセット!

20181026_182418.jpg

最近、大盛で魚と白飯で食べちゃう(笑)

半分食べたらドッキュン!

20181026_182721.jpg

沖鯵茶漬け!

刺身、しゃぶしゃぶ、煮付けを入れて、贅沢茶漬け~♪

胡麻醤油と生姜生姜をかけて堪らな~い!(b^ー°)

普通の鯵より身が濃い! 美味かった! \(^_^)/

次の創作塩つけ麺も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





ここは退屈迎えに来て

10月25日 から新宿に移動しての映画~♪

予告で、惹かれたパターン(笑)

ここは退屈迎えに来て!!!

153244420936293789177[1]

青春の後にあるものは?

153244421703470007177[1]

R‐18文学賞を受賞した山内マリコの同名小説を、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の廣木隆一監督が映画化した青春ドラマ。高校生の頃の憧れ“椎名くん“に思いを馳せる27歳の“私“と、元彼“椎名“を忘れられない“あたし“が、退屈を埋めてくれる何かを追い求める心模様を描く。橋本愛、門脇麦がヒロインに扮し、成田凌、渡辺大知らが共演する。

soukanzu_chart[1]

上京してマスコミ業界に就職したものの夢を諦めて地元に戻ってきた27歳のライター、“私“。“私“は旧友に再会した勢いで高校時代に憧れていた椎名くんに会いに行くことに。一方、地元でフリーターをしている“あたし“は元カレの椎名を諦められないでいた。

153787689586931917179[1]

“退屈”な日々が、愛おしい。

yasushi_tezuka-img866x1200-15393895761j5uzr13163[1]

人生を振り替えって、昔を思い出す的な映画(笑)

複数年の思い出と現代が混じっているから、時系列がややこしい! (^o^;)

しかも、わたしが2人存在していて、最初は分からなかった! (^_^)v

ラストで、何とか繋がるが、もう1度観て整理したい! (^-^)/

20後半から30前半向き! 小説ファンの意見聞きたい! 超超超オススメ!!! (≧∇≦)







 | ホーム |