FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


つけ麺 一燈 @新小岩

11月26日 新小岩で、連食~♪

何人か、同じコースでした(笑)

つけ麺 一燈にて、季節の限定 11月度後半!

さんまつけ麺11月後半

淡麗さんまそば つけ麺ver.!

20181126_111834.jpg

後半からは、つけ麺バージョンが始まり、つけ汁は秋刀魚煮干しから秋刀魚節に変わり、風味が強くなった! (^з^)-☆

麺も手揉み麺に変更になり、秋刀魚昆布水に浸かり力強い食感にスッキリとした味わい! o(^o^)o

前半の味わいとは、全く違う感じがする~♪

トッピングは別皿で、前半と変更なく、レアチャーシュー、鶏たたき、秋刀魚のコンフィ、秋刀魚と挽肉の和え、しめじ等と豪華! (^_^)/

そして、このタイプはつけ汁をドッキュン!

20181126_112415.jpg

冷やし淡麗さんまそば!

秋刀魚昆布水が効いて、通常バージョンよりサッパリで、何と言っても冷やしになるのがいい(笑)

トッピングの秋刀魚と挽肉和えがスープに混じると、ボディが強まるね!(b^ー°)

イメージ的にバージョンアップ! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








麺屋 一燈 @新小岩

11月26日 今日は、新小岩~♪

この企画だけは、ポールになりたくて、朝4時20分に行き1番です(笑)

13年の10月から始まった、The Ramen Magazine ラーマガ

ニコニコチャンネルの「ブロマガ」です!

ラーマガ限定は「かけラーメン」

e2d3f20953d9c0a7f51779786cded8a696ad0a51[1]

『ラーマガ』では毎月1軒のラーメン店とコラボレーションして、ラーマガ限定ラーメン「NAKED」を毎月月替わりで発表!

61軒目 麺屋 一燈!

8036ffa473613c037da697f9af65b052aa228fb7[1]

12月のラーマガ限定NAKED #061!

46520588_2466367000102208_4052430063298150400_n[1]

豚そば!

20181126_103618.jpg

トッピングなしのラーメン企画!

スープは豚のみの清湯で、柏幻霜ポークの挽肉を使用し、キレの良い旨味の優しい味わい! o(^o^)o

背脂も入りパワフルさもあり、かなりの完成度~♪

麺は心の味食品の縮れ麺で、コシのある食感がいいね! (^_^)v

別皿の味変アイテムは、貝出汁ジュレで豚の旨味に奥行きが出て、貝の風味も抜群! (^_^)/

鶏がメインの店の豚かけ! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)





銀座 創龍 @銀座

11月25日 池袋から銀座~♪

先月オープンした、野方ホープの別の営業形態店(笑)

銀座 創龍!

オープニングサービスのドリンクがあり、日本酒の創龍を頼みました! (^_-)

20181125_171615.jpg

スッキリした味わいで、日本酒の香りもいい! o(^o^)o

ありがとうございます! m(_ _)m

四季の創作麺!

20181125_180933_convert_20181125232230.jpg

秋!

20181125_172202.jpg

スープは鶏清湯ベースで、ポルチーニ茸の香りを加えたスープ、醤油の香りが強く出汁感やポルチーニを飲み込んでいる! (^o^)

麺は強めの全粒粉で、仕上がりも硬めの日本蕎麦風! (^_^)v

トッピングは、低温チャーシューとキノコのコンフィで、結構迫力あるね! (^_^)/

酢橘もいいアクセントだが、醤油に持っていかれる~♪

付け合わせの栗ご飯は、意外に量があり、サッパリめ! (^з^)-☆

当然ドッキュン!

20181125_173802.jpg

栗醤油茶漬け!

ここで、卓上の沢庵やキムチもやしが大活躍! (^o^ゞ

サッパリとしたご飯だから、醤油の味わいが目立つね!(b^ー°)

野方ホープのセカンドブランド! 美味かった! \(^_^)/

温野菜の塩も気になります! また伺いま~す! (≧∇≦)







11月25日 そのまま池袋で映画~♪

予告が昭和感溢れていたね(笑)

!!!

153486555393063773180[1]

これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らないー。

153486556647042624180[1]

ウォール・ストリート・ジャーナルの“2012年ベスト10小説“に選ばれるなど、海外でも人気の高い中村文則のデビュー小説を、『百円の恋』の武正晴監督が映画化。拳銃の危うさに魅了されていく大学生の姿を映し出す。主人公を実力派の村上虹郎が熱演し、広瀬アリスがヒロインに扮したほか、日南響子やリリー・フランキーなどが脇を固める。

銃0003

友人たちと青春を謳歌していた大学生のトオルは、雨の降りしきる河原で偶然にも拳銃を拾う。彼は、銃が放つ緊張感とスリルに魅了され、やがて銃を持ち歩くように。そんなある日、目の前に現れた刑事に「人間を撃ちたいと思っているんでしょ?」と問われ……

銃0002

昨日、私は拳銃を拾った。

銃0004

スタートから、ほぼモノクロ仕上げで、この演出が昭和っぽさを出すね! (^з^)-☆

結構、セクシーシーンもあるが、モノクロだと何故かイヤらしさがない! ( ゚Д゚)

リリー・フランキーや広瀬アリスが、いいアクセントで、映画自体を締めるね~♪

ラストは驚愕で、モノクロ演出はこの為の伏線だった! (^_^)/

文芸作品のような映画! 大学生に観て欲しい! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)












 | ホーム |