FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


ラーメン愉悦処 似星 @中村橋

1月13日 新宿から中村橋~♪

鮟鱇ラーメンじゃなく、どぶ汁です(笑)

ラーメン愉悦処 似星にて、日曜月曜祝日プレミアム限定!

20190113_160259.jpg

鮟鱇のどぶ汁&遊び飯!

20190113_153704.jpg

スープは本格的などぶ汁で、あん肝タップリの鮟鱇のアラ、豚骨仕立ての濃厚スープ! (^_^)v

一口目からガツンとあん肝だが、意外に重さは軽めだね~♪

トッピングにも鮟鱇タップリで、骨ごとしゃぶりつく! (^_^)/

トップの紅葉おろしもポイントで、爽やかさが出ていいね!(b^ー°)

遊び飯は、鯛と鰯の自家製すり身で、フワフワ食感に、サッパリして濃厚スープと抜群! (^з^)-☆

当然はいれ━━━!!!

20190113_155324.jpg

どぶ汁茶漬け!

濃厚スープだけに、雑炊に近いかな! (^o^)

自家製すり身を崩して混ぜると、超いい感じだね~♪

まさにどぶ汁ラーメン! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







麺屋武蔵 新宿総本店 @新宿

1月13日 今日は、新宿~♪

案外、平日より空いている気がしました(笑)

麺屋武蔵 新宿総本店にて、期間限定!

49586768_2254141357964022_5153588153902170112_n[1]

新春亥つけ麺!

20190113_115146.jpg

つけ汁は猪骨出汁ベースで、猪のバラ、ロース、モモ、油揚げ、ネギを煮込んだ濃厚スープ! (^o^)

麺は包丁乱切り麺らしいが、結構キレイに揃っていて、並注文だがメッチャボリューミー! (^_^)v

麺の上には芹タップリだが、POPでは根っこ付きなのに、実際は根っこなしなのが残念! (^o^;)

スープ割は、卓上の通常スープで、無難に旨いね!(b^ー°)

何かちょっとずつ惜しいが、美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







KIPPOSHI 吉法師 @渋谷

1月12日 渋谷で、そのままラーメン~♪

何気に、本所吾妻橋より渋谷の方が便利です(笑)

KIPPOSHI 吉法師にて、冬季限定!

20190112_175709.jpg

冬のソナタ!

20190112_180526.jpg

もう忘れかけていたネーミングで、ホワイトシチュー的なラーメン(笑)

スープは、鶏清湯にポテト、ミルク、バターのまんまシチュー仕様で、クリーミーでマイルド! (^_^)v

ブラックペッパーが、良く合うね~♪

トッピングは、鶏肉、人参、ブロッコリー、カリフラワー、味玉等で、家庭的なシチュー! (^_^)/

寒い日に抜群! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







ひかりの歌

1月12日 池袋から渋谷に移動しての映画~♪

以前使わなかった、ミニシアターのチケット大活躍です(笑)

ひかりの歌!!!

49899174_1280375212103122_3935500158485135360_n[1]

だれかをおもう気持ちが、この世界のひかりになる。

ひかりの歌0001

デビュー作『ひとつの歌』が高い評価を得た杉田協士監督から7年ぶりに届いた人間ドラマ。ある人への思いを引きずったまま孤独の中にいる女性4名の心模様を描き出す。杉田監督と歌人の枡野浩一が映画化を前提に開催した“光”を主題にした短歌コンテストで集まった1200首の中から4首を選出し、その短歌からひとつの物語を紡ぎあげた意欲作。

ひかりの歌0002

都内近郊で暮らす詩織、雪子、今日子、幸子の4人は、それぞれにある人への思いを抱えながら、それを相手に伝えられないままの日々を送っていた。他界した父親、長く行方知れずの夫などに思いを馳せながら、彼女たちは自身の新たな人生の一歩を踏み出していく。

ひかりの歌0003

それぞれの孤独のなかを生きる女性たちを、ときに静かに、やさしく包む光がある。

c9d4dc3fb232ea76[1]

オムニバス風の4部構成になっていて、光をテーマにした短歌を原作に、各章で女性の葛藤を描いている! (^_^)v

第1章 反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった(原作短歌:加賀田優子)は、旅に出る同僚と、教え子の告白の微妙な心情を描いている~♪

第2章 自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた(原作短歌:宇津つよし)は、バイト先の仲間への想いと、回りの関係のすれ違い! (^o^;)

第3章 始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち(原作短歌:後藤グミ)は、他界した父親への思いを振り返る旅! (^_-)

第4章 100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る(原作短歌:沖川泰平)は、行方不明の夫が帰ってきた困惑と愛情の駆け引き! (^з^)-☆

どの作品も間接的な表現で、かなり難しい作り、1度じゃなく、何回も観た方が楽しめる! (^_^)/

そして、上映前の舞台挨拶!

20190112_191759.jpg

やっぱり、舞台挨拶は上映後の方がいい(笑)

悩める女性向き! 短歌の強引な合わせも必見! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)








 | ホーム |