FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ


麺屋 六感堂 @池袋

2月3日 神保町から池袋~♪

冬らしい限定です(笑)

麺屋 六感堂にて、2~4日の限定!

20190203_132353.jpg

鱈潮そば(白い恋人たち part2)!

20190203_133015.jpg

スープは、煮干しに昆布のアッサリ出汁に、真鱈の塩カエシ使用! (^o^)

優しい味わいで、ほのかに香る鱈が堪らな~い!(b^ー°)

トッピングは、真鱈ポワレ、炙り白子、白菜、春菊と鱈鍋仕様! (^_^)/

白子の濃厚な味わいが、アッサリスープにインパクト~♪

そして、限定飯!

20190203_132405.jpg

真鱈の味噌漬け焼き炊き込みご飯!

20190203_133000.jpg

味は薄味仕立てで、鱈の味噌漬けもタップリ! (^з^)-☆

おラーメンのお供にはピッタリ!(b^ー°)

当然はいれ━━━!!!

20190203_133947.jpg

真鱈茶漬け!

真鱈鍋の〆麺から雑炊に移行した気分(笑)

これが、1番鱈感が強いね! o(^o^)o

鱈だらけ! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







出汁処 覆麺 智 @神保町

2月3日 今日は、神保町~♪

鹿は間に合わなかった! (´Д`)

覆麺 智にて、弟子の日!

20190203_120252.jpg

6代目覆麺ラーメン&エビ雲呑&生姜の雲呑!

20190203_121023.jpg

日曜日の覆麺ラーメンは通常、淡路尾鶏と豚骨、乾物、煮干しの構成だが、本日は岩手鴨ブレンドスープ! (^o^)

醤油と塩の選択も、出汁を味わう為に塩で~♪

バランスのよいブレンドで、固執した旨味はないが、味わいに深みがある! o(^o^)o

日曜日恒例の雲呑は2種類で、海老はプリプリでアッサリ、生姜は豚挽肉のジューシー餡に爽やかな生姜の香り! (^_^)/

全体的に纏まっている! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







らーめん 一辰 @亀有

2月2日 亀有で、そのままらーめん~♪

何か、塩がいいらしくて(笑)

らーめん 一辰にて、新メニュー!

塩ワンタンメン!

20190202_194758.jpg

券売機のボタンはないが、塩らーめんと現金150円で購入可能(笑)

スープ自体は、醤油と変わらないが、塩の方が出汁の厚みを感じ、塩ダレも塩を抑えているのがいい! o(^o^)o

ワンタンはジューシーな餡で、大振りのレンコンが入り、食感もいい! (^_^)/

その他のトッピングは、醤油と同じで丁寧な仕上がり~♪

個人的には塩押し、醤油は近日バージョンアップ予定! 美味かった! \(^_^)/

醤油のリニューアル楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)






サスペリア

2月2日 ラーメンからの映画~♪

何か禁断の匂いがする(笑)

サスペリア!!!

154609221053472861178[1]

その躍りは、死を招く。

154609222886833309178[1]

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督が同名傑作ホラーをリメイク。70年代ドイツを舞台に、名門バレエカンパニーに巣食う禁断の秘密を描く。『フィフティ・シェイズ・フリード』のダコタ・ジョンソンが主演を務め、ティルダ・スウィントンやクロエ・モレッツが共演。トム・ヨークが手がけた音楽も話題の1作。

dakota_web[1]

1977年、アメリカからベルリンの世界的舞踊団への入団を目指すスージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)は、オーディションでカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の目に留まり、次回公演の大役に抜てきされるが、スージーの周囲では、ダンサーたちが次々と行方知れずになる。患者であるダンサーたちを捜す心理療法士のクレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)は、舞踊団の暗部に迫っていく。

サスペリア0001

女たちが踊る夜、禁断の宴が始まる。

8e2065273014a0b2bdd58c6bb4ee75b6[1]

40年前の同名作のリメイクで、流石に元作品は知らない(笑)

冒頭から不思議ワールド全開で、中盤あたりまで内容も把握出来ない! (゚A゚;)

あとは、設定が意外にムズく、登場人物の関係性が分からず、名前のやり取りがややこしい! (^o^;)

ラストは凄い着地点で、正直頭がついていけない! (^_^;)

元映画知っている人必見! オカルト好きも! 超超オススメ!!! (≧∇≦)









 | ホーム |