FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


KIPPOSHI 吉法師 @渋谷

5月18日 神保町から渋谷~♪

冷やし3連チャン(笑)

吉法師にて、5月限定!

20190518_142352.jpg

鯛出汁冷しラーメン 紫陽花!

20190518_143416.jpg

紫陽花の花をイメージした冷しラーメンで、ビジュアルも爽やか! (^o^)

スープは冷たい鯛出汁で、臭みなく旨味凝縮スープで、鯛油がいい仕事している! (^_^)v

このスープに細麺がピッタリで、ツルツルといくらでもイケる~♪

トッピングは鶏チャーシュー、筍、大葉、味玉等で、色付き鯛出汁ゼリーが、紫陽花っぽいね!(b^ー°)

上手く纏まっている! 美味かった! \(^_^)/

来月の冷しも楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








神保町 黒須 @神保町

5月18日 そのまま、神保町で連食~♪

冷やし2連チャン(笑) 

神保町 黒須にて、期間限定!

20190518_120333.jpg

冷製と情熱のアラビアータ&ガスパチョ!

20190518_120951.jpg

麺本体は、パスタの冷製アラビアータ風の仕上がりだが、辛味は弱めでトマトの酸味が際立つ! (^_^)v

トッピングには、レアチャーシューや三つ葉、トマトやツナのソースで、麺に絡めるとウマウマ! o(^o^)o

付け合わせは冷製ガスパチョで、スープ変わりや麺にかけて追いトマト、つけ麺風でも楽しめる! (^_^)/

中のキュウリがいい歯応えで、ガスパチョらしいね~♪

そして、限定飯!

20190518_120432.jpg

鮪とアボカドのさっぱりワサビ醤油ご飯!

20190518_121002.jpg

鮪とアボカドのタタキに、山葵醤油が効いた爽やか味わいで、カイワレがいいアクセント! (^з^)-☆

そのままでもウマウマだが、スープはいれ━━━!!!

20190518_122016.jpg

冷製と情熱茶漬け!

アラビアータとガスパチョをブレンドした冷製スープを入れて、鮪とアボカドとの相性抜群! (^o^)

意外にもワサビ醤油が、いいアクセントでトマトにも合うね!(b^ー°)

イタリアンとスパニッシュの融合! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)









海老丸らーめん @神保町

5月18日 今日は、神保町~♪

土日限定かと思ったら、暫くやるのね(笑)

海老丸らーめんにて、期間限定!

20190518_110617.jpg

沖縄県産枝豆とオマール海老の冷やしらーめん!

20190518_113626.jpg

オマール海老が売りの店で、オマール海老の冷やしは初提供(笑)

スープはオマール海老ベースで、枝豆クリーム仕立て、オリーブオイルが爽やか! o(^o^)o

トッピングは、レアチャーシュー、枝豆、キウイ、プチトマト等で、キウイの甘味が強くいいアクセント! (^_^)/

今回は、味変アイテムはないが、卓上のブラックペッパーが抜群に合う~♪

洋風な冷やし海老! 美味かった! \(^_^)/ 

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)






轢き逃げ -最高の最悪な日-

5月17日 ラーメンからの映画~♪

水谷豊ワールドだね(笑)

轢き逃げ -最高の最悪な日-!!!

155542727042064962179[1]

なぜ、愛する娘は死んだのですか?

155542728240946626179[1]

俳優・水谷豊の映画監督第2作は、ある轢き逃げ事件をきっかけに、7人の登場人物の心の軌跡をあぶり出す心理ドラマ。「人間の奥底には自分でもわからない感情が潜んでいる」というアイデアをもとに、水谷自身が脚本も執筆。事件の被害者の父親役で出演も兼ねる。事件を追うベテラン刑事を演じるのは『相棒』でも長らく共演した盟友・岸部一徳。

characters[1]

とある地方都市。大手ゼネコン勤務の宗方秀一(中山麻聖)は、副社長の娘・白河早苗(小林涼子)との結婚も控え、公私共に順風満帆だった。ある日、親友の森田輝(石田法嗣)を助手席に乗せて結婚式の打ち合わせに向かおうと車を走らせていたところ1人の女性を轢き、そのまま現場から走り去ってしまう。刑事の柳公三郎(岸部一徳)と前田俊(毎熊克哉)は捜査を開始する。

155542725687934106179[1]

あなたは、この映画の罠に嵌まる。

155542724075458532179[1]

予告では、被害者側のストーリーっぽかったけど、どちらかと言えば加害者側のストーリーだね!(b^ー°)

観ている途中から、伏線自体がかなりの違和感で、流すシーンなのに引っ掛かる! (^_^)v

水谷豊は、どんな役でも刑事に見えるのが面白い(笑)

ラストは、現代っぽいオチで、個人的には好きかな~♪

水谷豊ファン必見! 親友同士で! 超超超超オススメ!!! (≧∇≦)









 | ホーム |