FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ


八咫烏 @九段下

6月13日 八丁堀から九段下~♪

雨だから、若干お客少なめです(笑)

八咫烏にて、13日限定スペシャル!

20200613225934aee.jpg

冷やしつけ麺!

20200613225959cf4.jpg

八咫烏でたまに出すシンプル系のメニューで、冷たいつけ汁の冷やしつけ麺! (^o^)

つけ汁は、和出汁ベースの醤油濃いめの味わいで、三つ葉等の香りもいい! (^_^)v

麺には香味油が絡んでいて、そのままでもサッパリな味わいで、チャーシュー、鶏たたき、賀茂茄子の煮浸し、ビーツ、人参等が乗る! (^_^)/

基本スープ割はないが、先付けのコーン茶が、ナイスな割になり、結構好きな味になるね~♪

今週の限定のスピンオフ的な限定! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








麺や 七彩 @八丁堀

6月13日 今日は、八丁堀~♪

聞いていたより、少し遅いスタートです(笑)

麺や 七彩にて、限定の冷やし麺!

202006132257025e8.jpg

山形だしの冷やし麺&玄米!

20200613225722fde.jpg

昨年までは、裏限定だったメニューが、満を持して期間限定メニューで登場! (^o^)

今までの裏メニューとはスープが違い、山形だし専用の和出汁を使用して、山形だしとの一体感が増した! (^_^)/

更に、このスープには本山葵がピッタリで、サッパリした味わいにいいアクセント! o(^o^)o

食べていくうちに、スープにトロミが付き、自家製麺に絡むね~♪

今回は、玄米で合わせてみたが、田舎っぽさが出るね! (^з^)-☆

最初は、自家製煮干ふりかけカケリシャス~☆

202006132257514f3.jpg

からの山形だしノセリシャス~☆

202006132258161aa.jpg

山形だしご飯!

コレ!コレ!コレ!コレ! (^_-)

だから、ご飯頼んじゃうね! (^_^ゞ

最後は、スープハイリシャス~☆

20200613225904c7b.jpg

山形だし茶漬け!

少しまぜめし感覚で、暑い日でもサッパリ食べられる! (^_^)v

毎日食べたい! 美味かった! \(^_^)/

次は、冷やし味噌! また伺いま~す! (≧∇≦)









ラーメン 巌哲 @早稲田

6月12日 新宿から早稲田~♪

復活して2回目なのに、凄いのきました(笑)

ラーメン 巌哲にて、12、13日の創作塩つけ麺!

202006122210325f9.jpg

北海道根室産 幸神目抜&幸神目抜ハラス&幸神目抜しらす飯!

20200612221047213.jpg

昨年の5周年で使用した鮮魚で、抜群の出汁感はつけ汁にしても良くサッパリだけど力強い! (^_^)v

中には炭火焼き幸神目抜、じゅんさい、蕪と堪らな~い!(b^ー°)

麺側は、幸神目抜刺身を本山葵醤油で、カマの煮付け寒天寄せは夏向きでウマウマ! (^_^)/

付け合わせの酢橘は、麺や幸神目抜、つけ汁に搾るのもいいね~♪

数量限定のハラスは、シッカリ脂が乗り、チリ酢で食べる皮がいいメッチャウマッ! o(^o^)o

幸神目抜しらす飯は、幸神目抜出汁の炊き込みご飯に、釜揚げしらすを混ぜたいつもよりワンランクアップしたご飯! (^з^)-☆

もう、旨すぎて涙がでそうだった! (^_^ゞ

最後は、当然スープ割からのハイリシャス~☆

202006122211085f6.jpg

幸神目抜茶漬け!

旨い炊き込みご飯は、スープ入れても間違いない! (^_-)

本山葵が、大活躍~♪

このセットいくらでも食べれるね! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








燕 Yan

6月12日 水天宮前から新宿に移動しての映画~♪

読み方がヤンだと思ったら、イエンだった(笑)

燕 Yan!!!

184283_1[1]

愛されたい人を、失ったことはありますか?

燕 Yan0001

『帝一の國』『新聞記者』などの撮影監督を務めてきた注目の撮影監督・今村圭佑による長編デビュー作となる家族ドラマ。日本と台湾を舞台に、離れ離れになっていた兄と弟の再会を描き出す。『きみの鳥はうたえる』など話題作への出演が続く水間ロンが主演を務めるほか、演技派の山中崇をはじめテイ龍進、長野里美、歌手でもある一青窈が共演する。

燕 Yan0002

28歳の早川燕は、台湾の高雄に住む兄の龍心に、ある書類を届けるよう父から頼まれる。燕の母は、彼が5歳のときにその兄を連れて家を出て以来、20年以上も音信不通であった。母が自分を捨てた理由も知らない燕は、複雑な思いを抱えながら台湾へと向かう。

燕 Yan0003

台湾・高雄へ――自分の居る処、ココロの居場所を探して

EOALfEAVAAA4LBO[1]

日本と台湾が舞台で、離れ離れになった家族の想いのヒューマンドラマ! (^_-)

途中まで気が付かなかったが、一青窈の出演がビックリ! (゚A゚;)

ストーリーは、現在と過去を上手く掛け合わせて、家族心理を表現していて、ぎこちない雰囲気もいい! (^_^)v

ラストは、本年のぶつけ合い? ただ大前提の疑問は残ったままね(笑)

一青窈の演技に注目! 台湾好きにも! 超超超オススメ!!! (≧∇≦)










 | ホーム |