FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


魂麺 @本八幡

6月29日 お茶の水から本八幡~♪

下総中山で、2軒振られての代替です(笑)

魂麺にて、今が食べ頃 夏のおすすめメニュー!

20200629163338a43.jpg

冷やし油そば!

20200629163427e13.jpg

大人気メニューの油そばが、今季冷やしバージョンで初登場! (^o^)

麺が超ウマウマで、多加水だがシッカリコシがあり、抜群の塩ダレでサッパリ頂ける! (^_^)v

トッピングは、チャーシュー、メンマ、岩海苔、フライドオニオン等で、辛味もプラスされ、途中卵黄を混ぜると力強さが出る! (^_^)/

卓上の昆布酢がいい味変で、冷やし中華っぽく変わるね~♪

残ったソースは、ご飯に合いそう! 美味かった! \(^_^)/

次の冷やしも楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








ラーメン 大至 @お茶の水

6月29日 今日は、お茶の水~♪

予定の店の限定が、明日になったから代替えです(笑)

ラーメン大至にて、夏麺!

202006291631377de.jpg

冷やし中華!

20200629163238602.jpg

昨日、マツコ有吉かりそめ天国で1位だったヒヤチューが満を持して登場! (^o^)

毎年、限定を変更しない店だが、今年は麺量が220gから150gに変更、傾奇者のウマウマ麺だが、個人的には丁度いい量になった(笑)

トッピングの鶏チャーシュー、金華ハム、金糸卵、キュウリ、大根、カニカマ等と変わらないが、麺とのバランスが良くなった! (^_^)/

付け合わせのからしが、抜群のアクセントで、麺にトッピングに合うね~♪

大人気ヒヤチュー! 美味かった! \(^_^)/

次の冷やしも楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)







東京の恋人

6月28日 そのまま、渋谷で映画の連チャン~♪

昨日、満席で入れませんでした(笑)

東京の恋人!!!

東京の恋人1[1]

I can see you. But I can never reach you.

東京の恋人02[1]

“MOOSIC LAB“初のロマンポルノ的作品として話題になったラブストーリー。北関東に住む男と、別れた学生時代の恋人が、それぞれの青春時代に決着をつけるかのように東京で強く求め合う様を描く。森岡龍と、恵比寿☆マスカッツでも活躍中の川上奈々美がダブル主演し、いまおかしんじ監督作などの音楽を手がける下社敦郎が監督を務めた。

tumblr_b4d91d93a41cf605eb5415aa1c24ce80_a361aa91_640[1]

映画監督になる夢を持っていた立夫は、結婚を機に北関東に移り住んでいた。ある日、そんな彼の元に学生時代の恋人・満里奈からの連絡が入る。そこで東京に向かった立夫は、数年ぶりに彼女やかつての友人と再会する。これがきっかけでふたりは再び急接近し……

EbSAoKuUcAIw9bT[1]

すべてのかつての 恋人たちに贈る惜春映画!

tumblr_dbbdaabf9e2b99a0a2a032caa9e5dd9b_204bc5b0_640[1]

誰もが懐かしく思うストーリーを、昭和の名曲と共に流れていく! (^_^)v

オオクラのピンク映画でお馴染みの川上奈々美さんがヒロインで、実力派の演技は脱がなくても通用する。脱いだけど(笑)

思い詰めた女性と、男の鈍感さを上手く現して、1シーン1シーンが伏線のよう! (^з^)-☆

最後は、心情を前面に出したラストシーンで、エンディングの東京60WATTSの歌はいいね! (^_^)/

そして上映終了後、急遽決まった舞台挨拶!

20200629033441919.jpg

参加予定の下社監督が、何故か居なかった(笑)

元カノや元カレと一緒に? 中年向けかな! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)








エジソンズ・ゲーム

6月28日 八丁堀から渋谷に移動しての映画~♪

歴史の勉強になるね(笑)

エジソンズ・ゲーム!!!

159206597633369770861[1]

天才発明家 VS カリスマ実業家!

159206597891854339236[1]

未来を照らすのは、誰だ。

50592350_2040708259352862_7586533968552394752_n[1]

19世紀の電力事業の黎明期に起きた“電流戦争“の実話に基づく、スリリングな実録ドラマ。発明家エジソンと実業家ウェスティングハウスの、電力システムにおける主張対立の行方を描く。エジソンのエキセントリックな人間性を体現したベネディクト・カンバーバッチ、ウェスティングハウス役のマイケル・シャノンら豪華キャストの共演も見どころ。

EC77OCUUUAAvvhj[1]

19世紀のアメリカ。白熱電球を事業化した発明家のトーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、大規模な送電には直流が適していると考えていた。だが実業家のジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)は、交流の方が安価で遠くまで電気を送れるとして、交流式送電の実演会を開いて成功させる。それを知ったエジソンは、世論を誘導しようとする。

17226[1]

勝つためならルールは無用、究極のビジネスバトル!

91nw3HgoASL._AC_SL1500_[1]

誰もが知っているエジソンストーリーで、発明と経営は別物だと分かる映画(笑)

ちょっとしたエジソンの裏話風で、世紀の発明家の苦悩がメイン! (^_^)v

ビジネスバトルは、ルール無用や正義はないは、この頃があったんだ! (^_^ゞ

実話だけに、ラストはシュールで、結果が分かるのも残念かな! (^_^)/

理系向き! 女子には難しい? 超超超オススメ!!! (≧∇≦)









 | ホーム |