FC2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

4月10日 ラーメンから映画~♪

これ! 楽しみだった!(b^ー°)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)!!!

142435576738235912178[1]

すべてを手に入れ、すべてを手放した。

142435577607885870178[1]

『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロー映画の元主演俳優役に『バットマン』シリーズなどのマイケル・キートンがふんするほか、エドワード・ノートンやエマ・ストーン、ナオミ・ワッツらが共演。不条理なストーリーと独特の世界観、まるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワークにも注目。

142660228307310430179[1]

かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。

142435593419217926178_birdman_ver4[1]


もういちど輝くために、

142435591842607671178_birdman[1]

もういちど愛されるために、

142435593930694639178_birdman_ver5[1]

いったい何をすればいいのか――?

142660227582122312179[1]

ストーリーは想像と全く違い、ヤラレタ感があるが、このストーリーあり! ヽ(^o^)丿

全体的に舞台の裏話風だが、ひとの感情が入り不思議な世界観! (^O^)/

アイアンマンなんかも引き合いに出され、現実っぽく仕上がっている! (^_-)-☆

ラストのオチのシーンは個人的には大好きだな~♪

結構年配向きかな~? 若い人にも観て欲しいけどね! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://02150526.blog.fc2.com/tb.php/3447-33504cd2

 | ホーム |