fc2ブログ

プロフィール

ショウ

Author:ショウ
ラーメン 映画 競馬 そして、たまに稲川淳二に出没します。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ


yagu-noodle @住吉

9月5日 今日は、住吉~♪

パラマラソンの仕事が終わってからの訪問です(笑)

yagu-noodleにて、期間限定!

20210905181757794.jpg

鶏と煮干しの冷たいらぁ麺!

20210905181914fff.jpg

一燈時代に提供していた限定を、進化させ華やかに! (^o^)

スープは、鶏節ベースに羅臼昆布、干し貝柱に、煮干しの香味油で、以前にも増して鶏節が強いスッキリ系! (^_^)v

トッピングは、鴨ロースチャーシュー、セルフィーユ、マイクロリーフ、ライムで、ライムの味変はかなりいい! (^_^)/

ビジュアルも良くなり、美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








春にして頬を拭う

9月4日 そのまま、新宿で映画~♪

昨日観た親鳥よ、静かに泣けの三浦監督最新作です(笑)

田辺・弁慶映画祭セレクション2021!

3a60c797763c6023.jpg

春にして頬を拭う!!!

241299721_2100789496728352_2649338470173642913_n.jpg

私は犯罪でしか生きられなかった。

春にして頬を拭う0003

第14回田辺・弁慶映画祭でTBSラジオ賞を受賞した「親鳥よ、静かに泣け」の三浦克巳監督が、新作「春にして頬を拭う」を撮り上げた。キャストはイトウハルヒ、大崎翔洋、櫻井保幸、大沢真一郎、村松和輝ほか。

春にして頬を拭う0002

特殊詐欺の受け子をして生計を立てている同棲中の男女、志帆と海斗が、ある日詐欺グループのリーダーから危険な案件を持ちかけられ、その犯行中、警察の追跡にあった海斗が捜査員を殺傷してしまい、その日を境に2人の運命が狂い出す。

春にして頬を拭うmaxresdefault

犯罪・純愛 衝撃のネオ・ノワール誕生!

春にして頬を拭う0004

オレオレ詐欺の進化系犯罪をしている二人で、何気に謎めいたストーリー~♪

人物背景的な内容が全くなく、ストーリーもオブラートだらけ! (^_^)v

流れも悪くないが、何か奥歯に物がひっかかかったよう(笑)

ラストは、親鳥よ、静かに泣け同様、センス見せたがりオチで、マニアック過ぎる! (^_^)/

そして、上映終了後の舞台挨拶!

20210916000852b35.jpg

ここでの裏話で、内容が分かってきた、できれば本編で知りたかった! (^_^ゞ

親泣け観た人必見! ある意味新感覚映画! 超超オススメ!!!! (≧∇≦)









麺屋翔 みなと @西新宿

9月4日 新宿から西新宿~♪

八重樫君に、最後のご挨拶(笑)

麺屋翔 みなとにて、友竹庵コラボ限定!

202109051814457e7.jpg

冷やしスパイスカレー麺!

20210905181538ce5.jpg

簡単に言えば冷やしカレー和え麺で、基本ベースはみなと特製カレーソース! (^o^)

麺は、極黒竹炭細麺使用で、スパイシーなカレーソースとの相性もいい! (^_^)v

トッピングは、茄子キーマカレー、温玉、インゲンソテー、味変のトマトマリネ等で、カレーソースにキーマカレーは意外にいい! (^_^)/

トマトマリネも、酸味が加わり、夏らしいね~♪

サービス追い飯も、カレーには嬉しいね! (^з^)-☆

当然、キーマカレー「おん」です!

20210905181644a70.jpg

茄子のキーマカレー丼!

麺より、ご飯の方が合うね(笑)

鉄板のキーマカレーライス! (^_^ゞ

黒い茄子カレー! 美味かった! \(^_^)/

次の限定も楽しみです! また伺いま~す! (≧∇≦)








ショック・ドゥ・フューチャー

9月4日 蔵前から新宿に移動しての映画~♪

カリコレで観れなかったリベンジ(笑)

ショック・ドゥ・フューチャー!!!

ショック・ドゥ・フューチャー01

彼女はまだ知らない── エレクトロ・ミュージックの幕開けを。

ショック・ドゥ・フューチャー02

アレハンドロ・ホドロフスキー監督を祖父に持つ、アルマ・ホドロフスキーが主演を務めた青春ドラマ。電子音楽全盛前のパリを舞台に、まだ男性優位だった音楽業界で奮闘する女性ミュージシャンが、近未来的なサウンドに出会い夢中になっていく姿を描く。監督を務めたのは、音楽プロジェクト“ヌーヴェル・ヴァーグ”で活動するマーク・コリン。

LE CHOC DU FUTURthumb

1978年のパリ。アナは、作曲の依頼をされるが、納得のいく音楽を作れずにいた。そんな折彼女は、楽器の修理をきっかけに、日本製の不思議な音楽機材に出会う。その響きを気に入ったアナは、機材を貸してもらい、歌手のクララと即興で音楽を作りはじめる。

71eVhc8m6p.jpg

未来の音楽は、すぐそこにー!

LE CHOC DU FUTURmedia

シンセサイザーやリズムマシーン、シーケンサーの走りの時代の、女性ミュージシャンがハマっていく物語(笑)

時代を感じさせる人間関係で、マニア的に仕事をするのも印象的~♪

曲自体も魅力的で、懐かしさもありノリノリだね!(b^ー°)

ラストは、タンパクな流れ終わりで、時代感に合っているかな! (^_^)/

音楽好き必見! シンセ好きも! 超超超オススメ!!!! (≧∇≦)










 | ホーム |